Blog&column
ブログ・コラム

不動産の価値はどうやって決まる?

query_builder 2021/11/08
コラム
1
不動産の価値がどうやって決まるのかご存じですか?
今回は、不動産の価値が決まる基準について解説していきます。

▼不動産の価値はどうやって決まる?
土地や建物といった不動産の価値は、以下のように決まります。

土地
土地の価格は、行政機関が定める路線価で決まります。
敷地面積や、土地がある場所などによって総合的に算出されます。

■建物
建物の場合は、年数を経るごとに価値が下がっていきます。
例えば木造住宅の場合は築11年で新築時の2分の1の価値に、築22年が経つと価値がゼロになります。

▼どんな不動産が高く評価されるのか
以下のような不動産は、資産価値が高く評価されやすいです。

■駅に近い
駅近の物件は、資産価値が高いです。
駅から徒歩30分以上の距離にあると、資産価値が低くなるでしょう。

■周辺環境が良い
物件の周囲にコンビニやスーパー、学校、病院などがあると、資産価値が高く評価されます。
また街並みの美しさなども資産価値に影響を与えます。

■地盤がしっかりしている
地盤がしっかりしている土地は地震などの災害に強いので、資産価値が高くなりやすいです。
それとは反対に、過去に川や沼だった場所を埋め立てたような土地は資産価値が低くなりがちです。

▼まとめ
土地の価値は路線価、建物の価値は築年数などを基準に決められます。
駅に近い不動産や周辺環境が良い不動産は、高く評価されます。
宝山不動産株式会社は、我孫子市周辺で不動産買取りを行なっております。
「スピーディに不動産を売却して欲しい」「面倒な手続きも任せたい」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 不動産売却のポイント

    query_builder 2021/11/19
  • 不動産を早期売却するのポイント

    query_builder 2022/05/15
  • 賃貸住宅とは?

    query_builder 2022/05/01
  • 土地活用の種類について

    query_builder 2022/04/22
  • 土地活用の相談はどこにするのが良い?

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE