Blog&column
ブログ・コラム

土地が売れないのにはどんな理由があるの?

query_builder 2021/11/28
コラム
8
土地の売却をしたくて売りに出しても、なかなか売れないことがあります。
一体これはどうしてなのでしょうか。
今回は土地が売れないケースに潜む「理由」について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

土地が売れない場合がある?
通常、それまで何らかの形で利用してきた土地であれば住宅地であれ山林であれ、買い手はつくものです。
しかし中には買い手がつかない土地もあります。
この場合、以下のような理由が考えられます。

土地の情報が不明瞭
売り出し時に土地に関する情報が不明瞭だと、買い手は「不安要素があるかもしれない」と感じてしまうものです。
地盤の強さや土壌汚染の可能性なども含めて、土地の情報は明確に出すようにしましょう。

■使い勝手の悪い面積になっている(広すぎる・狭すぎる)
土地は使ってこそ価値が出るものですから、使い勝手が悪いと売れないことが多いです。
例えば住宅に利用する場合、戸建てなら40坪~80坪程度の需要が最も高いと言われています。
100坪を超えるなどの広大な土地は買っても利用しきれない可能性が高く、買い手がつきにくいでしょう。

■価格が高い
価格は、適正価格かどうかだけでなく「周囲で売り出されている土地との比較」も大事です。
似たような土地が周囲で安く売られている場合、高いほうの土地は売れないケースが多々あります。

▼売却に強い不動産会社に相談しよう
土地がなかなか売れない時は、売却に強い不動産会社にご相談ください。
どのような土地でも、売り出し方次第で必ず買い手はつきます。
不動産売却に精通している業者のノウハウを生かして、スムーズに土地売却を行ってくださいね。

▼まとめ
土地が売れない原因のほとんどは、買い手のニーズに合っていないことです。
しかしターゲットを絞って効果的に売却活動を行えば、きっと良い買い手が見つかることでしょう。
スムーズに土地売却を行いたい方は、ぜひ不動産売却に強い業者にご相談ください。
宝山不動産株式会社でも売却を得意としており、多くのクライアントに喜ばれています。
まずは一度お問い合わせください。

NEW

  • 不動産売却のポイント

    query_builder 2021/11/19
  • 不動産を早期売却するのポイント

    query_builder 2022/05/15
  • 賃貸住宅とは?

    query_builder 2022/05/01
  • 土地活用の種類について

    query_builder 2022/04/22
  • 土地活用の相談はどこにするのが良い?

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE