Blog&column
ブログ・コラム

不動産のオーナーチェンジをする時の注意点について

query_builder 2021/12/05
コラム
10
賃貸マンションなどの不動産を、他の方に売り渡したいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
こうしたいわゆる「オーナーチェンジ」を行う場合、どのような注意点があるのでしょうか。
詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

▼オーナーチェンジとは?
オーナーチェンジとは、賃貸物件のオーナーが不動産を他者に売り渡すことです。
居住者はそのままでオーナーが変わるため、オーナーチェンジと呼びます。

▼オーナーチェンジの注意点
不動産のオーナーチェンジをするには、何よりもその物件を欲しがる人がいなくてはなりません。
つまりお持ちの不動産にどれだけの魅力があるかをアピールすることが、オーナーチェンジの成功率アップにつながります。

■まずは「空室率」を改善しよう
賃貸物件の場合、契約数が多い物件に人気が集まります。
空室が多いと収益が上がりにくいため、オーナーチェンジは難しいと思ったほうが良いでしょう。

もし空室率が高い物件を売却したい時は、物件の価値を高めることを考えてください。
例えば設備面の見直しや修繕、リフォームなどがおすすめです。
より多くの人がその物件に住みたいと思えるように改善を試みることで、売却の成功率は各段に上がるでしょう。

■不動産会社からのアドバイスも参考にしよう
オーナーチェンジの成功率を高めるには、売却に精通した不動産会社からのアドバイスも参考にしてください。
空室率の改善策の提示はもちろん、その物件が抱えるマイナス面をカバーするために多方面からご提案をさせていただきます。

▼まとめ
不動産を売却してオーナーチェンジをしたい時は、いかに物件の魅力をアピールできるかがポイントです。
ご自身で買い手を探しているけれどなかなか見つからないという場合は、売却に強い不動産会社にご相談いただくと良いでしょう。
宝山不動産株式会社でも、スムーズなオーナーチェンジのお手伝いをしています。
ぜひお気軽にご連絡ください。

NEW

  • 不動産売却のポイント

    query_builder 2021/11/19
  • 相続物件とは?相続する際に必要になるものは?

    query_builder 2022/10/01
  • 相続物件の売却時に控除が受けられるって本当?

    query_builder 2022/09/15
  • 相続物件の売却時に押さえておきたいポイント

    query_builder 2022/09/01
  • 新しい住まいを探すならライフプランを立てよう

    query_builder 2022/08/15

CATEGORY

ARCHIVE