Blog&column
ブログ・コラム

「資産」の種類とは

query_builder 2021/12/25
コラム
15
「資産」という言葉を聞いて、何を思い浮かべますか。
多くの方は貯金や証券などのように、お金に直接関わるものを想像すると思います。
しかし資産の種類はそれだけではありません。
今回は資産と定義できるものについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

▼「資産」の種類
資産には、以下のような種類があります。

■流動資産
多くの方が「資産」と認識しているのはこの「流動資産」でしょう。
流動資産には、現金や預金、有価証券などが該当します。

■固定資産
普段は資産と認識されにくいのですが、土地や建物などの「固定資産」も、立派な資産の一部です。
商標権や著作権なども、固定資産です。

■繰延資産
繰延資産は、一度資産に計上した上で何年もかけて償却していくタイプの資産です。
例えばお店の開業費用などがこちらに該当します。

▼管理の方法は各専門家に相談しよう
資産は、生かしてこそ価値があります。
現金や預金などの資産を運用している方は多いと思いますが、固定資産や繰延資産の管理は難しいですよね。

こうした資産の管理や運用については、各専門家にご相談ください。
不動産であれば不動産会社、商標権なら司法書士といったように、その道のプロが必ずいます。
専門機関にご依頼いただくことで、資産の価値をさらに高めることができますよ。

▼まとめ
資産には、ざっくり分けると「流動資産」「固定資産」「繰延資産」の3種類があります。
どの資産も活用してこそ価値が出ますので、各資産をお持ちの方は専門家に相談すると上手に運用できるでしょう。
不動産の場合は、不動産会社にご相談ください。
宝山不動産株式会社でも土地や建物などの活用方法について、随時お問い合わせを受け付けています。

NEW

  • 不動産売却のポイント

    query_builder 2021/11/19
  • 相続物件とは?相続する際に必要になるものは?

    query_builder 2022/10/01
  • 相続物件の売却時に控除が受けられるって本当?

    query_builder 2022/09/15
  • 相続物件の売却時に押さえておきたいポイント

    query_builder 2022/09/01
  • 新しい住まいを探すならライフプランを立てよう

    query_builder 2022/08/15

CATEGORY

ARCHIVE