Blog&column
ブログ・コラム

「不動産仲介会社」と「不動産管理会社」の違いは?

query_builder 2022/02/01
コラム
21
不動産に関する業者としては、主に「不動産仲介会社」と「不動産管理会社」が知られています。
この2つの違いは一体何なのでしょうか。
詳しく解説していきますね。

▼「不動産仲介会社」と「不動産管理会社」の違い
早速、二者の違いをご紹介します。

■不動産仲介会社
多くの方が「不動産会社」として認識しているのは、不動産の「仲介」を行う会社だと思います。
不動産仲介会社は不動産の売買を仲介する業者です。
物件の査定や売却活動を行い、より良い条件で売買が成立するための橋渡しをします。
なお不動産の仲介は「宅地建物取引業」のため、宅建士の資格保有者が在籍している必要があります。

■不動産管理会社
不動産管理会社は、売買ではなく「賃貸」の管理をする会社です。
一般的に、賃貸物件は所有者の方が「大家さん」として管理していますよね。
不動産管理会社は、大家さんに代わって管理やメンテナンス、入居者の募集などをします。
ちなみに不動産管理業を行う場合、宅建士の資格は必要ありません。

▼両方の業務を行う不動産会社もある
不動産会社のほとんどは「仲介業」をメインとして営業を行っています。
しかし、近年は仲介業と並行して「管理業」も引き受ける不動産会社が多くなってきました。
仲介と管理業務の両方請け負う不動産会社なら、より物件の価値を知り尽くしています。
こうした業者にお任せいただいたほうが、賃貸の運営もうまくいく可能性が高いでしょう。

▼まとめ
不動産会社には、「仲介」がメインの会社と「管理業」が中心の会社があります。
近年は両方の業務を行う不動産会社も増えています。
管理会社をお探しの方は、仲介タイプの不動産会社も候補に挙げておくと良いでしょう。
宝山不動産株式会社も、仲介業だけでなく不動産管理会社としての営業も行っています。
不動産売買、不動産管理ともに、ぜひ弊社にお任せください。

NEW

  • 不動産売却のポイント

    query_builder 2021/11/19
  • 生活スタイルに合わせた住宅選びのコツ

    query_builder 2022/08/01
  • 一般建設業許可と特定建設業許可との違い

    query_builder 2022/07/15
  • 宅建業免許証とは?

    query_builder 2022/07/01
  • 不動産購入の流れとは?

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE