Blog&column
ブログ・コラム

不動産の相続税とは?

query_builder 2022/02/22
コラム
24
不動産を相続した場合は税金が発生しますが、どのくらいかかるのか分からない方も少なくありません。
不動産に関しては難しいことが多くあるため、計算方法も複雑で難しいと言えます。
そこで今回は不動産の相続税について解説していきますので、是非参考にしてください。

▼不動産の相続
相続は申請や手続きもせずに勝手に決められる場合が大半で、被相続人の財産が相続人に引き継がれます。
親が亡くなれば、自動的に子に財産が行き渡るということです。
身内の財産を相続するだけで税金が発生することに疑問を抱く方も少なくありません。
しかし、貧富の差を減らすためと言われているんですよ。
相続した金額が大きいほど、相続税の金額も高くなるので注意しましょう。

相続税の計算方法
相続税の計算方法は「(全ての相続遺産の総額-基礎控除額)×相続税率」で算出されます。
基礎控除額とは相続が発生した場合に、一定の金額までは控除されることです。
3000万円+(600万円×相続人の数)で計算できます。
相続税率は相続する金額で変わってくるので、取得する金額が高ければ税率も高くなるのです。

▼まとめ
相続するものとしては負のものからプラスのものまで様々ですが、金額が低ければ申告を行う必要はありません。
しかし相続をされた方で申告が必要かどうかなど分からないことがある方は、専門業者に相談することをおすすめします。
弊社では、土地マンションなど不動産に関するご相談を承っております。
我孫子市周辺の不動産も売買しておりますので、気になる方は一度お問い合わせください。

NEW

  • 不動産売却のポイント

    query_builder 2021/11/19
  • 生活スタイルに合わせた住宅選びのコツ

    query_builder 2022/08/01
  • 一般建設業許可と特定建設業許可との違い

    query_builder 2022/07/15
  • 宅建業免許証とは?

    query_builder 2022/07/01
  • 不動産購入の流れとは?

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE