Blog&column
ブログ・コラム

相続物件とは?相続する際に必要になるものは?

query_builder 2022/10/01
コラム
43
みなさん相続物件という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
では相続物件とはいったいどういう物件なのでしょうか。
そこで今回は、相続物件の詳しい意味や必要になるものについて紹介します。

相続物件とは
相続物件とは、被相続人から相続した物件のことです。
物件の所有者が亡くなられてしまうと被相続人となり、それを受け継ぐ人を相続人といいます。
相続物件の所有権は、被相続人が亡くなられたその日から相続人に移ります。
相続されるものは物件だけでなく、お金や車なども相続の対象です。

▼物件を相続する際に必要なこと
■死亡届の提出
まず被相続人が亡くなられた場合、7日以内に役所に死亡届を提出しましょう。
これは法律で定められていることなので、遅れてしまうと法律違反扱いになってしまいます。
くれぐれも遅れることのないようにしましょう。

■遺言書の確認
遺言書は、相続においてとても重要な役割があります。
遺言書に相続したい方の名前が記載されているなどの場合は、それに従いましょう。

▼まとめ
相続物件とは、被相続人から相続した相続遺産のなかの物件のことです。
相続人が亡くなられたその日から所有権は相続人に移ります。
また物件を相続する際は「死亡届の提出」「遺言書の確認」は必ず行いましょう。
「宝山不動産株式会社」では、こうした不動産関係の疑問や悩みの解決のサポートを行っています。
ひとりひとりに合わせた最適な方法をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 不動産売却のポイント

    query_builder 2021/11/19
  • 不動産売却の契約ではどんな媒介契約があるの?

    query_builder 2022/11/01
  • 土地の境界線の測定方法と知っておくメリットを紹介

    query_builder 2022/10/15
  • 相続物件とは?相続する際に必要になるものは?

    query_builder 2022/10/01
  • 相続物件の売却時に控除が受けられるって本当?

    query_builder 2022/09/15

CATEGORY

ARCHIVE